top of page

【旧藤屋旅館オープンスタジオ】文・大沢理沙

皆さん、こんにちは。 大沢理沙です。 薮原宿の旧藤屋旅館にてオープンスタジオを2週に渡り開催しました。 地域の方々を始め、ラジオ・新聞で情報を得た多くの方が村外から足を運んでくださり、大変、嬉しく思います。 ありがとうございました。 【旧藤屋旅館】は、1990年代まで旅館を営んでいた建物で、汽車に乗り薮原スキー場に来たお客さんを、寒さが体を突き刺さす中、主人と息子が提灯片手に出迎えました。多いときは廊下にまで布団を敷き詰め100人も泊まっていたと所有者の方から聞きます。 薮原宿の大祭「薮原祭り」では、藤屋旅館の前で上獅子・下獅子が舞い、皆が顔を赤め藤屋旅館で酒を酌み交わし、薮原宿の中で人々を楽しませてきた建物です。 このオープンスタジオの4日間で藤屋旅館で生まれた交流は昔の藤屋旅館の営みが再び呼吸し始めたように感じ、嬉しさがこみ上げる思いでした。 さっそく、藤屋旅館のお父っちゃんにも報告しなくちゃです。 旅館を閉め空き家となった藤屋旅館が様々な人の手を重ね機能し始め、また新たに人々の交流が生まれる光景に、感謝が生まれました。 藤屋レジデンス第1号で木祖村に滞在している近藤太郎さんの作品解説や、皆が持ち寄り食べたオープンランチ、人々が藤屋旅館の玄関を行き来しのんびりし、語り、笑い合う姿に、これからもこんな風に日常の中に楽しさが生まれたらよいなと思いました。 人が居て、お互いがこの土地を思いながら、大切にしていく。 人が居ることで、建物の役割が生まれ、建物が生きてくるように、この4日間で出会った人々や、出会いを繋げてくれた地域の皆様、差し入れをしてくださった隣町のスーパー鈴木のお父さん、様々な人々の思いに感謝致します。 ありがとうございました。 この先も、「旧藤屋旅館」が様々な人が重なり呼吸が続きますよう、私自身も役割を考えながら、頑張ります。

閲覧数:297回0件のコメント

最新記事

すべて表示

別の道

かつて作品のリサーチのために自分の生まれ育った東京渋谷の歴史について調べる中で、ジャニー喜多川が戦後の占領期にGHQとして来日したことを知ったのだった。彼は美少年に声をかけて野球チームを作ることから始めた。占領が明けた後も彼は日本に残り占領を続けたのだ。 たった7年間の占領期だが、70年以上経った今もその呪縛から逃れられずにいることに戦慄する。それは占領軍が植え付けた自虐史観の洗脳が解けないままの

「祭」の終わりと「わかりやすさ」の正体

ファッションショーまで2週間、展覧会まで3週間となった。 これまで6年間毎年開催していた木曽ペインティングスの芸術祭だが、今年は開催しない。アーティストコレクティブ・GR19企画の展覧会の開催となる。 その理由はいくつかある。 木曽に移住して芸術祭を始めるにあたり心がけていたのは、アートのレベルを下げずにいかに地域の中に根を下ろすかだった。 地方において「都会で相手にされなくても地方の人間ならだま

bottom of page