top of page

義家麻美 個展 「贅沢な◯◯」

この度、ギャラリーカフェSOMA(木曽福島)で義家麻美個展を開催します。

長野市出身の義家麻美は、2019年木曽ペインティングスVol.3【夜明けの家】に参加し、薮原(木祖村)の空き家 “南寿屋(ナスヤ)” で滞在制作を行いました。

コロナの影響もあり2020年に東京から活動拠点を木曽に移し、現在はアーティスト活動と木曽町中学校(木曽福島)で美術教師などの仕事をしながら木祖村で暮らしています。

今回の展示では、義家が木曽での暮らしの中から生み出した新作を展示します。

初日にはオープニングレセプション・アーティストトークのイベントもありますので、どうぞ足をお運びください。


~ギャラリーカフェSOMA×木曽ペインティングス企画展~

義家麻美 個展

「贅沢な◯◯」

2023年3月26日(日)— 5月30日(火)

※初日15:00-16:30 オープニングレセプション(どなたでもご参加いただけます。)

ギャラリーカフェSOMA

(DM画像添付)


画用紙のど真ん中にぐりんと丸が切り抜かれている。

中学校の生徒が作品制作に使ってポイっと返してきた画用紙だ。

もったいないから端っこから使おう、などとは微塵も考えていないあまりの潔さに思わず「え〜!!!??」と笑ってしまった。


今回は、そんな贅沢使いされた画用紙を型紙にした木版画と日々のドローイングを展示します。

ぜひお越しください。

義家麻美


ギャラリーカフェSOMA https://www.instagram.com/gallerycafe_soma/

義家麻美 https://www.instagram.com/yoshiie.asami/?hl=ja



閲覧数:115回0件のコメント

最新記事

すべて表示

別の道

かつて作品のリサーチのために自分の生まれ育った東京渋谷の歴史について調べる中で、ジャニー喜多川が戦後の占領期にGHQとして来日したことを知ったのだった。彼は美少年に声をかけて野球チームを作ることから始めた。占領が明けた後も彼は日本に残り占領を続けたのだ。 たった7年間の占領期だが、70年以上経った今もその呪縛から逃れられずにいることに戦慄する。それは占領軍が植え付けた自虐史観の洗脳が解けないままの

「祭」の終わりと「わかりやすさ」の正体

ファッションショーまで2週間、展覧会まで3週間となった。 これまで6年間毎年開催していた木曽ペインティングスの芸術祭だが、今年は開催しない。アーティストコレクティブ・GR19企画の展覧会の開催となる。 その理由はいくつかある。 木曽に移住して芸術祭を始めるにあたり心がけていたのは、アートのレベルを下げずにいかに地域の中に根を下ろすかだった。 地方において「都会で相手にされなくても地方の人間ならだま

Comments


bottom of page