木曽ペインティングス

「宿場町と旅人とアートの至福な関係」を旗印に

江戸と京都の中間地点である木曽の宿場町を舞台に繰り広げるアートフェスティバルとして2017年6月に第一回展が行われた

 

東西からアーティストが木曽に集結し

自然にふれ住民たちとの交流を通して制作を行います

 

アートを介して宿場町が祝場町となる一ヶ月

木曾路はすべて山の中である。それは21世紀の今日でも変わらない。人々は昔とかわらず山の襞に包まれるようにして生活を営んでいる。しかし近代の夜明けとは何だったのだろうか。本当に夜は明けたのでしょうか。

王政復古の大号令、そして欧化政策によって切り捨てられてきた伝統と土着の文化。江戸期まで庶民生活の中に芸術は根を深くおろしていたはずです。しかし切り離されてしまった。近代日本の芸術が根を下ろそうとしたのは海の向こうで、ここではなかったのかもしれません。

「Culture-カルチャー」の語源は「耕す」を意味するラテン語「colere」に由来するという。文化とは土地を耕すことからしか生まれないのです。

大政奉還から150年、『木曽ペインティングス』は失われた土地と芸術の関係を今一度問い直し、取り戻すことを願い始まります。木曽義仲旗挙げの地である日義から私たちもまた旗を挙げ歩み出すことにします。

150年目の夜明けを夢みて。

​                                    2017年6月 代表 岩熊力也

「持続可能なアートのあり方とは?」 

この半年近くこの問いに答えるべくプロジェクトを立ちあげて取り組んできました。 少子高齢化と人口減少の流れは止まることなく、逆に野生が復活しつつあります。野生動物による農業や林業への被害は全国的に増え、有害鳥獣として駆除される数も増え続けていますが、駆除さ れた獣のほとんどは廃棄されているのが現状です。 


近代日本150年にわたる自然と人間の関係のバランスの悪さは何なのでしょうか。

野生世界と人間の至福な関係を模索しなければなりません。

 
そして、アートもまた無関係ではありません。 


伝統的な日本画材である膠ですが、現在国内での製造はほとんど行われていません。また筆に使われる獣毛もほとんどを輸入に頼っています。その他の画材もまた石油由来の原料に多くを頼っている現状です。 世界情勢が大きく動いているなかで、画家は今のままいつまでも絵を描きつづけられるわけではありません。資源に乏しいこの島国ではなおさらです。 


地域で忘れられている資源をアートで持続可能な形で循環させていく。 そんな想いで始めたのが「木曽ペインティングス」であり、そこで立ち上げた「木蘇皮プロジェ クト」です。

 
まず最初の取り組みとして廃棄されている獣皮から膠をつくりだしました。 その膠と煤を練って墨をつくりました。 獣毛から筆づくりも行いました。 やるべきことはまだまだ山ほどあるでしょう。 


「人類は何故絵を描きはじめたのか?」

この究極の問いへの答えは地域で営まれている生活の中にこそあるのではないでしょうか。

そのかすかな手応えに導かれながら今年もアートフェスティバル「木曽ペインティングス」を開催します。 

 


2018年3月 代表・岩熊力也

木曽ペインティングス事務局

​長野県木曽郡木曽町日義4898-522

kisopaintings@gmail.com

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2018 KISO PAINTINGS